2017年09月14日

来年の手帳で悩む


来年の手帳で悩んでいます。

今までは月間しか使ってなかったんですよね。

ただ、最近仕事の関係で、週間とかも必要なような気が・・・。

どんな感じか使ってみたくなりました。

かといってどんな風なものを選べばいいか全くわかりません・・・。

で。

たまたま息子がほぼ日手帳を買ってきました。

文庫本サイズです。

中身を見せてもらったら、なかなかいい感じです。

これでA5なら、多く書き込めていいかなーと思いました。

で、使い心地とかを調べていたら・・・。

もっといいものを見つけてしまいました。

「自分手帳」です。

いや、もうこれで決まり!

ほぼ日手帳と同じくらい有名なのに、なんで知らなかったんだろう…。

2018年は自分手帳で決まりです!  


Posted by c4hzu552082 at 10:23Comments(0)

2017年08月28日

旦那の実家の帰省がなくなってせいせいする

姑や義理の姉とちょっとしたことがあり、それから私は口をきいていません。

余計なことに口をだされたので、たまりにたまったものが爆発したんですね(笑)。

旦那にも、2度とあなたの実家とはかかわりたくない、と話しをしてあります。

それから旦那の実家には私だけ帰省をしなくなり、せいせいしています。

だいたい、何でいちいち帰んなきゃいけないのかも理解不能。

私たちが旅行で行かない時も、他の兄弟がわざわざ予定をずらすのです。

何がなんでも集まらないといけないらしく・・・。

アホくさ。

私には兄弟がいないし、親もすぐ近くにいるので、盆暮れに帰る風習なんてありません。

まった時間の無駄だったので、姑の顔を見なくても済むし、せいせいしています^^。

今、このめんどくさい帰省はなくなり、姑が娘のところに遊びにいってるみたいです。

はじめからそれでよかったんだよ。

ついでに娘に世話になればいいのに。  


Posted by c4hzu552082 at 23:52Comments(0)

2017年08月28日

通販か市販か

以前は、通販てあまり好きじゃなかったんですよね。

なんか嫌でした^^;。

わざわざ配達の人がピンポーンてくるのも面倒だったし。

でも…。

もし通販のほうが安かったら?

マナラの取り扱い店舗は多くありません。

市販で買えると言っても、東急ハンズ、ロフト、プラザです。

どっちにしろ近くにないし・・・。

なんか中途半端なことするなーと思っちゃいました。

私には、どっちにしろ市販の選択肢はなく、通販でしか手に入りません。

でも、公式サイトのほうが、割引があるし、送料は無料だし、他の化粧品のサンプルもついてくるし、初回に限っては返金保証もあって、なんだかんだ公式サイトのほうがお得ですよね。

こういうの、最近知ったので、今まで損していたものもあるかもしれませんね。

知らないって怖い・・・。

娘にも、化粧品とかサプリメントは公式サイト見てから買ったほうがいいよ、と教えてあげました。

娘も知らなかったらしいので喜んでました。

女性って、少しでも安く買いたいですもんね♪  


Posted by c4hzu552082 at 23:41Comments(0)

2017年08月26日

親族のケアが大変!心的負担軽減のためのエッセンス

1人で行う介護は、当然相談事を溜め込みがちとなるでしょう。

話し相手が周りにいない、そんな場合はネットに活路を見出す事も選択肢になります。

看護と介助サービスの紹介サイトに加え看護・介助経験者が作成した個人ブログなど、力に出来る様なページがいっぱいあるものです。

アラサー世代でケアに携わる場合は、既婚かどうかで苦悩も変化します。

未婚でしたら実の親が対象でしょうし、一方で有夫なら義両親を世話するケースがある為です。

どちらにおいても、心痛は決して抱え込まないという事が肝心です。

絶え間ない看護・介助というのは精神的そして肉体的に大変で、ゴールも見えない点に辟易する人も多くいます。

ですが、似たような悩み事に苦しむ人は社会にいっぱいいます。我慢出来なくなる前に吐き出せる場に頼る事が不可欠でしょう。  


Posted by c4hzu552082 at 22:26Comments(0)

2017年08月26日

三十代が持つ健康トラブルをスッキリ解決出来る上手なメソッドいろいろ

一日の御飯に関して、皆さんはどこまで気を使って用意しるでしょうか?

栄養とカロリーバランスまで綿密に配慮し続けているという方は少数派ではないかと思われます。

それでも、健全な日常を得るためにも肝心な食品について、出来るだけ認識しておくべきです。

30才代の女性ですと、通常一日あたりの標準摂取熱量はおよそ1700から2300キロカロリーが目安です。

そこで、一日のカロリー配分に配慮していきましょう。

また、代謝サイクルもあげるサイドメニューも積極的に取り入れるなど体調サイドに気を回すのが欠かせません。

日々の体調に気配りしている人の中には、三度の食事においても手間をかけている方がたくさんいるようです。

理想のカロリー摂取量は人によって変動します。

これを踏まえた上で、自分自身の体にマッチした食事方法・メニューを利用して、健康のケアを行っていきませんか。  


Posted by c4hzu552082 at 22:26Comments(0)

2017年08月26日

小学生の児童に適した学び方やお稽古とは

児童にとって最上の勉強のやり方は、本人の性質とそれぞれの家における環境によって多様なバリエーションが想定できますが、土台のところはみんなにも通じるものでしょう。

そんな訳でまずは、確かな基礎力づくりが重要です。

お稽古事でもたらされる情操教育だけにとどまらず、家族で出来るような訓育も注目を集めています。

例えば愛玩動物と共に成長してみたり、読書を沢山したり、もしくは野山の中で遊んだり。

こういった日々の貴重な生活というものは、それぞれの感性を豊かにするのです。

小児の発育期では、やはり精神及び体力のどちらも養ってあげる事が大事です。

均整のとれた成熟はより良い元気な状態をもたらし、学習に対してもアクティブに取り組む子供へと育っていくでしょう。  


Posted by c4hzu552082 at 22:25Comments(0)